不動産情報局

収益物件の選び方

不動産を投資するためには、その相性が投資をするのに有利なものであるかを見極めなければいけません。そんな時の場合の仙台の不動産・賃貸・マンション情報についてここではご紹介していきます。

儲かる収益物件の選び方とは?

収益物件の選び方でこれが100%正しいという答えというのは無いですが、収益物件を買うことによって重要なポイントとして以下にご紹介していきます。

ポイント1:利回り
ポイント2:耐久年数
ポイント3:構造体
ポイント4:立地条件
ポイント5:資産の価値

これらのポイントを更に詳しく見ていく事にしましょう。

ポイント1: 利回り

利回りには表面利回りと実質利回りがあって、表面利回りがたとえ良くても空室ばかりがあるのでは実質利回りは低くなってしまいます。実質利回りが低くて空室が無かったり、空室でも直ぐ部屋が詰まるような立地だと空室のリスクを押さえることが出来ます。

ポイント2&3: 耐久年数&構造体

一番やはり耐久年数が長い構造はRC造でしょう。次に鉄筋造や木造といったところでしょうか。およその年数ですが、RC構造だと約45年から50年、鉄筋造で約20年から30年、木造だと約20年から25年とされています。

でも古い木造が現存したり、コンクリートが崩壊してしまうようなケースもあるので、地盤の良い悪いに影響されてしまうでしょう。

ポイント4: 立地条件

人気のある立地条件だと強く特に学生の多い地域やオフィス街、商業地帯などの場合の立地条件は場所によって異なります。

ポイント:5 資産価値

たとえいくら利回りが良かったとしても資産としての価値が低いと財産として考えた場合に評価をすることが出来ません。

注意点

収益物件は家賃の収入や、買った額との売却の差額などによって利益を出していきます。でも、収益物件は大きい利益を必ずもたらしてくれるということではないのです。なにより、不確定要素が怒ってしまうケースなども発生しますが、オーナーの方が日々情報を収拾していたり、今持っている情報から先を見捉えるような考え方であったり、常に気を付けていると避けることが出来る損も出てくることでしょう。

最後に

上記に記載しているポイントが全部ではありません。この5つのポイントをクリア出来る物件はなかなか見つからないのが現状のようです。なので、自分の用途に合ったポイントを重視して、様々な確度からの物件撰びが必要です。

Favorite

札幌のおすすめ不動産
http://www.fukutoshin.com/
東灘区の腕利き歯科医
http://www.funaoka-dc.com/
レターケース通販販売
http://www.tokyotsubasa.com/
こだわり佃煮の昆布
http://www.tokyo-kajino.co.jp/
タラバ蟹 通販
http://www.rakuten.co.jp/sfd-ymt/

2014/11/4 更新